地域の発展に役立てられています

工事現場

宝くじ助成金は一般的にコミュニティ助成事業と呼ばれており、一般財団法人自治総合センターによって実施されている社会貢献広報事業です。この事業は宝くじの受託事業収入を財源としてコミュニティ活動に必要な備品や集会施設の整備、安全な地域作りなどを行っています。地域におけるコミュニティ活動の充実と強化を図ることで社会の健全な発展と住民福祉の向上に寄与するための制度です。この制度では地域のコミュニティ活動や文化活動の他に、活気ある地域を創造するための様々な事業に対して金銭面での助成を行います。一般財団法人自治総合センターは宝くじの収益を財源にして、社会貢献と広報活動を行うためにこの制度を創設しました。宝くじ助成金の対象となる団体は政令指定都市を除く市区町村と広域連動、一部事務組合と地方自治法に基づいて設置された協議会です。要件を満たして助成の認可が下りた場合には、活動に直接的に必要となる設備や備品に関する費用について100万円から250万円が支給されます。2017年には日本全国で1533の団体が宝くじ助成金を利用しており、総額34億6050円が様々な地域の発展のために提供されました。毎年多くの団体が一般財団法人自治総合センターから助成金の支給を受けて地域におけるコミュニティ活動の発展に役立てています。

具体的な助成事業の内容について

工事現場

宝くじ助成金を使った事業には一般コミュニティ助成事業やコミュニティセンター助成事業、地域防災組織育成助成事業などがあります。青少年健全育成事業や地域づくり助成事業、地域の芸術環境作り助成事業や地域国際化推進助成事業なども非常に重要です。宝くじ助成金の申請時期については毎年8月頃に一般財団法人自治総合センターのホームページで実施要項が開示されます。助成対象となっている団体の長は助成申請書を都道府県知事経由で一般財団法人自治総合センターの理事長に提出することになります。宝くじ助成金の主な事業である一般コミュニティ助成事業では、1件に100万円から250万円までが10万円単位で支給されています。一般コミュニティ助成事業は、住民の自主的なコミュニティ活動の促進と地域の自治意識を高めることが主な目的です。地域におけるコミュニティ活動に直接的に必要となる建築物や、消耗品を除く設備などを整備するために助成金が支給されます。コミュニティセンター助成事業では集会施設の建設や大規模修繕、その他の必要な備品の整備を主な目的としています。この事業では住民の自主的なコミュニティ活動を推進するため、1500万円を上限として対象となる総事業費の5分の3までが助成されます。

広告募集中